What's new
HOME > ショップ > めざしたいのは、ワンランク上のハワイアンスタイル Pick the Hawaii(ピックザハワイ)

めざしたいのは、ワンランク上のハワイアンスタイル Pick the Hawaii(ピックザハワイ)

神奈川・横浜

味わいのあるセレクトと、センスの良いハワイアン雑貨を多く生み出す、Pick the Hawaii。オーナーのTaiさんが提案するハワイアンスタイルは、ワンランク上のReal Hawaiianです。

デパートでお目にかかることが多い、味わいがあるセレクトで、ちょっと一味違った大人なハワイアングッズの出店ブース。お目にかかったことがありますか?

Pick the Hawaiiを運営するオーナーのTaiさん。彼がハワイと出会ったきっかけは会社の社内留学でハワイへ留学したこと。ホームステイ先のファミリーがサーフボードやハワイアナ(ハワイアンアンティーク)を集めたインテリアが大好きだったことに影響されたのだとか。

report035_005

今、日本は空前のハワイブーム。以前も何度かハワイブームはありましたが、10年前は身近にハワイを感じたい、と思っても、今のようにハワイアンショップというものがまず無く、情報が少なかったのだそう。

欲しいものがあれば、友達がハワイ旅行へ行く際に「これ買ってきて!」とお願いする事が殆ど・・・、という事もあり、「自分が本当に欲しい!」と思った商品をみんなに届けたいという思いから通販と卸売りでビジネスをスタートさせました。

report035_003

商品は全てハワイから輸入。

ハワイアナはスワップミートやガレージセールなどで売られているものを中心に集めてきました。Taiさんのハワイモノのセレクトの基準は「イカニモハワイ」というものではなく、「さりげなくハワイを感じさせる」もの。ときっぱり。

例えば50~60年代に多く作られたリーフの型の木製トレイや、企業のPRやサーフィンの大会のトロフィーなど。

report035_004

そしてイチオシしているのが、昔のハワイアンファニチャーで使用されていた素材や質感、模様にこだわって復刻させたラタンのソファや透かし彫りが力強いハワイアンファニチャー。実物は横浜のショールームは事前に予約をすれば見に行く事が可能。

035_004この写真がこのショールームなのですが、内装は1940年代のプランテーションハウスの内装を忠実に再現していますので、今にもふわっとハワイからの風が入ってきそうな、そんな雰囲気でいっぱいでした。Taiさんの功績といえば、日本にハワイアナ人口を増やしたこと、Vaihiを日本に紹介したこともありますが、なんと言っても今ハワイマニアの間で注目を集めているのデザイナー、スワンソンを日本で紹介したことでしょう!

元々スワンソンはハリウッドでコンピューターアニメーションデザイナーとしてスピルバーグのアニメション映画制作などに携わっていたのですが、数年前、ハワイに移住。彼の作品にTIKIが必ず描かれている理由は、60年代に一世を風靡したティキバーに強く影響を受けたからなのだとか。

ある日、奥様のバッグに彼がイラストを描いてあげたら、瞬く間に「それ、どこの?」と聞かれるほどの人気になり、NorthShoreNewsというフリーペーパーの表紙を担当しないかという話に発展。それがハワイでの初めての仕事になりました。そんな経緯があってスワンソンの評判はストロングカレントのジョニーさんを通じ、日本のTaiさんの耳に届き、Pick the Hawaii独占契約でグッズを扱う事になったのだそうです。

現在もハワイから「アッ」と驚くユニークなモノを仕入れて提案しようと模索中のPick the Hawaii。ワンランク上のハワイアンスタイル。をキーワードに、これからもユニークなハワイモノをご紹介していく予定です。楽しみですね!

pick the hawaii(ピック ザ ハワイ) 
ADDRESS: 〒神奈川県横浜市南区永楽町1-15-2 
OPEN: ショールームは事前に予約が必要となります。 
Tel: 045-243-3976 
URL: http://www.pickthehawaii.com 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でALOHAWAVEをフォローしよう!