What's new
HOME > おうちハワイ化計画 > ビーチガール憧れのCoastal Living

ビーチガール憧れのCoastal Living

戸建て

「Coastal Living(コースタルリビング)」とは、アメリカ西海岸を中心に注目されているインテリアデザインのこと。今回は素敵なCoastal Livingライフを楽しんでいるYさんのおうちを訪ね、私達もマネできそうなヒントを、たくさんGetしてきました!

古民家を居心地の良い空間にリメイクしたおうちは光がたっぷり差し込み、見渡す限り白の空間!

一緒に住んでいる犬は3匹、ネコが1匹というにぎやかさ。ペットを飼っていると汚れが目立たないような柄や色を選びがちですが、「白なら汚れても、すぐ漂白できるから」というメリットがあるので、真っ白なファブリックを使うのは、却ってメンテナンスがしやすいとのこと。

rooms017_001

家具も白で統一。元々違う色だった家具は、自分で白のペンキで塗り替えました。グリーン(観葉植物)もお部屋の至る所に置いてあり、日当たりもいいので、とても良く育つのだそう。横一列に並ぶガラスボトルは、海で拾った貝殻を詰めたもの。ボトルを統一するとスッキリとしてまとまりますね。

rooms017_003

床・壁・天井の色をワントーンにすると、部屋が広く見えるメリットがありますが、壁や床は色を変える事が出来ても、天井はなかなか難しい…。液だれが気になるから気軽にペイントするわけにもいかないし…と、諦めがちですが、ココでは、すだれを白くペイントしたものを天井に貼り付けて解決!憧れのシーリングファンも引き立っていました!

rooms017_002

インテリアの参考にしているのは、海外の写真や雑誌。インテリア小物は主にインターネットで購入。お部屋には素敵なアイテムが沢山ありました!自宅で開業しているロミロミサロンのお客様も、「居心地が良すぎる~」と、とてもリラックスして帰って行かれるのだそうです。

rooms017_004

ハワイアンファブリックは目隠しとして使い、「魅せる」と「隠す」をうまく使い分けてごちゃごちゃになりがちな小物類をすっきりと収納!ファブリックを使う時は、テーマカラーの白が入ったもので、2色以上の色が入らないデザインを選ぶのがインテリアがまとまるポイントです。

rooms017_004

ロミロミサロンのヒーリングスペースもとてもリラックスできる空間。置いてあるものも可愛くてついつい見渡してしまいます(笑)。なるべく色味は統一して、色数は抑えて、落ち着かせる。これがセンスのいいインテリアの秘訣かもしれませんね!

rooms017_003

Coastal Living(コースタルリビング)作りにピッタリの一冊!!

ビーチスタイル ステンシル
Coastal Living Beach House Style

今年ブレイク間違い無しのインテリアタイプである、コースタルリビングインテリアの事例がいっぱい。眺めているだけでも癒されます。

Coastal Style: Home Decorating Ideas Inspired by Seaside Living

コースタルリビングの事例がたくさん掲載!海外のインテリア写真集はどれもステキで参考になりますね。

Waterside Cottages

タイトル通り、水辺のおうちをフォーカスした写真集です。


Coastal Living [US] March 2014 (単号)

アメリカで発売されているコースタルリビングばかりを特集した雑誌です。Iphoneのアプリもありますよ。


Coastal Modern: Sophisticated Homes Inspired by the Ocean

海辺の別荘地にあるインテリアを紹介。流木を使ったテーブルやファブリックなどの色味、参考になります。

 fb