What's new
HOME > おうちハワイ化計画 > バーチャル・ハワイ旅行を楽しむおうち

バーチャル・ハワイ旅行を楽しむおうち

戸建て

The Busのポスト、ダイアモンドヘッドが描かれた雨戸、ゲッコー(ヤモリ)の取っ手の棚…と、かなりマニアックなアイテムを次々に生み出してしまうオーナーさんのおうちをご紹介!

いらっしゃいませ~!!エコモマイ!まずは、かわいいバスのポストがお出迎えしてくれました。ハワイのローカルタウンでは、楽しい柄にペイントされているポストをよく見かけます。そののんびりとした雰囲気をぜひとも見習いたく、これを制作したそうです。

013-001

コレを作るときの苦労のひとつが、正面の行き先表示を8番ワイキキにするか、57番カイルアにするかで相当悩んだのだそう。

013_002

海の雰囲気と木のぬくもりのある部屋は、ハワイの海辺の近くにあるビア・レストランやスポーツバーなどをイメージしたそうです。この手のお店には、日本のハワイアンレストランでよく目にするハワイアナのポスターやフラのアイテムのあるお店は意外に少なく、古い船具や道路標識などのジャンク品が多いそう。そんな雰囲気を出すために、海に関わるものとビールの広告関係をメインに飾ったそうです。

013_003

013-008壁に飾られたライセンスプレートはすべてハワイ州のもの。ちなみにHPDとはホノルルポリスのことです。

部屋の中になぜかバス停が…。よく見ると、オアフ島唯一の交通機関TheBUSのものだった…やっぱり?

 

 013_004

013-026

カットされたサーフボードに描かれているのは、ビンテージアロハシャツの柄です。赤いライオンコーヒーのポットは90年代後半に活躍していたもので、ABCストアーや、バフェレストラン、ホテルの朝食等でよく見かけました。この絵を眺めながらコーヒーを飲むと、懐かしいハワイの味がするそうです。(笑)

 

 013_005

013-0131994年から始まった「JAL 太平洋楽園計画リゾッチャ」の缶ビールも、今となっては、ちょっとしたアンティーク、もしかすると隣にあるプリモビールより、現存している数は少ないかも?缶を支える人形は当時ABCストアーで購入したそうです。コレいいでしょ?ビアサーバーのハンドル、こいつをグッと握りロングボードラガーがジュワ~っと出るのを想像して、発泡酒をゴクゴクっと飲む!これが楽しいんですよ。隣にあるカクテルメニューはマイタイバーなど、シェラトン系列のもので、これも思い出のある品だそうです。

013_006

 013-016このドールパイナップルジュースの看板は、ハワイではなくディズニーランドで使用されていたものだそうです。

カラカウア通りを思い出す、横断歩道の信号機。これは、ワイキキの信号機が現在の発光ダイオードに代る頃、スワップミートで発見したそうです。となりの公衆電話機は以前使用していたそうですが、ダイヤル回線用のため、現在はインテリアとして活躍しています。

013_008

ポリネシアン調のデスク。白く囲まれたハワイアンタトゥと側面に描かれた古代カヌーがいい感じです。

013-021

013-022雨戸を閉めると現れるダイアモンドヘッドの風景は、このハワイ邸一番の絶景ポイント。これさえあれば、たとえ3,831マイル離れていてもオーシャンビューが味わえます。

う~ん。これもハワイを感じさせます。ホノルル空港のトイレにもありますね?こんなサインが!!これはハワイのホームセンターで買って来たものをペイントしたものだそう。

013_007

013-025これもハワイのホームセンターで購入、ゲッコウ(ヤモリ)の形をした取っ手です!

最後は、こんな街灯がお見送り。パイナップルの形のランプが、今夜も故郷ハワイのやさしい光を放っている…。ALOHA!!!